火災保険はこんなことにも使えます!|火災保険とリフォーム





こんにちは!滋賀のリフォーム店 匠工房の山尾智哉です。お家の万が一に備える火災保険。火災保険は「火災」にしか使えないと思っていませんか?今回は火災保険が使える範囲についてお話していきます。



1.火災保険について

1-1.火災保険とは


火災保険は損害保険の一種です。自然災害などの事故によって被った損害を補償するためにある保険です。


万が一のために備える保険として加入している方も多く、住宅ローンを組んでマイホームを購入した方は必ず火災保険に加入されていると思います。なぜなら、住宅ローンを組む条件として火災保険に加入することが含まれているからです。例えば火災でお家がなくなってしまったとしても、住宅ローンの返済はし続けなければなりません。火災保険で備えておけば、お家の建て直しも可能です。したがって、金融機関からは火災保険に入るよう条件が付されています。


過去の記事はコチラ

①火災保険がカバーしてくれる台風被害の範囲|台風被害を受けたときの火災保険の使い方

②火災保険を利用する手順|台風被害を受けたときの火災保険の使い方

1-2.火災保険の対象


火災保険の対象は「建物」のみではありません。建物に附属する門や塀、物置や車庫も火災保険の対象となります。また、建物だけでなく建物内にある「家財」も火災保険の対象に含ませることができます。



家財とは家具や家電製品、衣服などのことを指します。建物のみに火災保険をかけることもできますし、逆に家財のみに火災保険をかけることもできます。さらに、建物と家財の両方に火災保険をかけることも可能です。対象が増えるほど保険料は上がりますので、見積りを見比べながら決めることが大切ですね。


2.火災保険の補償範囲

2-1.火災保険の補償範囲

それでは、火災保険の補償範囲を見ていきましょう。冒頭でもあるように、火災保険は「火災」の被害だけが補償される保険ではありません。

①火災
失火やもらい火による損害。
例としては隣家の火災が自宅にも延焼した場合や料理中の小火による損害が挙げられます。


②落雷
落雷による損害。
屋根に雷が落ちて損傷してしまった場合などが挙げられます。


③破裂・爆発
破裂や爆発による損害。
ガス漏れに気づかず火をつけて爆発してしまったケースなどが考えられます。


④風災・雹災・雪災
風・雹・雪などによる損害。
台風の強風によって樋が取れてしまったり、雪の重みでカーポートが壊れてしまったりした場合が対象範囲となります。


⑤水漏れ
漏水などによる水漏れの損害。
給排水管の損傷による水漏れなどが該当します。


⑥水災
台風や集中豪雨による損害。
大雨で床上浸水してしまった場合などはこれに当てはまります。


⑦盗難
盗難に伴う、盗取や損傷、汚損による損害。
泥棒が侵入のために割った窓ガラスの補修や盗まれた家財が対象です。


⑧集団行為等に伴う暴力行為
騒擾や集団行為による暴力・破壊行為の損害。
デモ活動によって建物に被害を受けた場合などに該当します。


⑨物体の落下や飛来、衝突
建物外部からの物による損害。
飛んできたボールによる被害や車が建物に突っ込んできた場合など補償されます。


これらは、火災保険に加入すれば必ず補償されるわけではありません。火災保険にはプランが用意されており、どこまで補償する保険に入るか選べるようになっています。補償範囲が広いほど保険料も上がっていきますので、よく考えて保険プランを選ぶようにしてください。


2-2.火災保険を利用したリフォーム例

【風災】
台風の強風で煽られて、玄関ドアのクローザー付近が壊れてしまったから交換したい。
kasaihokengenkan.jpg





【風災】

台風の被害で雨樋が破損してしまい、このタイミングで新しく交換したい

kasaihokenyane.jpg





【雪災】
雪で1階の屋根が曲がったので直したい

kasaihokenyanetaihu.jpg





【水漏れ】

キッチンの配管が水漏れしたので、この機会にキッチンを交換したい
kasaihokenkittin.jpg



3.地震保険も忘れずに




地震大国と言われる日本ですが、実は地震による火災は火災保険で補償されません。地震保険に別で加入する必要があるのです。同じように地震による建物の倒壊や津波被害も、地震保険によって備えなければ火災保険では補償されません。



火災保険加入で安心せずに、地震保険にも必ず加入するようにしましょう。ちなみに、地震保険はオプション加入扱いとなりますので、火災保険に入らずに地震保険だけに加入することはできませんので注意が必要です。



匠工房では、火災保険・地震保険の代理店もしております。火災保険や地震保険にまだ加入されていない方は、是非匠工房へご相談ください。
お問い合わせはこちら



4.まとめ



・火災保険は加入プランにもよるが火災被害以外でも使用することができる


・特に台風や大雨による被害で使用できるケースが多いため、ご自身で加入している火災保険の内容をもう一度確認してみましょう


・地震による被害は火災保険ではカバーできません、この機会に地震保険の加入もご検討ください。
山尾智哉.png




















匠工房について



施工事例


お客様の声


お役立ちコンテンツ


お問い合わせ

はじめにお読みください
職人募集
滋賀 匠工房 お電話はこちらから

滋賀県の不動産情報なら株式会社匠工房

  • 滋賀県の不動産情報なら株式会社匠工房
  • 滋賀 匠工房 新築
ご案内